うちの長毛猫の毛玉対策1。毛玉除去剤編

1-sm

前回の記事では、うちのチンチラシルバーという長毛種の猫が9歳までどんな毛玉対策をしていたか、そして9歳を過ぎてから毛球症(もうきゅうしょう)になるようになってしまった話、

それから動物病院が毛玉対策にはアテにならず、自分で何とかしないと!と思って自分で色々と対策を考え始めたところまでまとめました。

なお、私がその時に集めた情報をもう一度ここにまとめてみます。

・毛玉対策の総合栄養食をあげる

・毛玉対策用のペースト状の毛玉除去剤がある

・食物繊維が多く含まれているエサを食べることで、繊維が毛をからめとってウンチに出してくれる

・オリーブオイルなどの油分を舐めさせると、腸内でツルンと滑りが良くなってウンチに毛玉が出る

・乳酸菌や酵素などのサプリをあげると、胃腸の動きが良くなってウンチに毛が出やすくなる

・ファーミネーターというめっちゃ毛が取れるブラシがある

・バリカンで毛を短くするのもいいらしい

・お腹のマッサージや、運動をさせるのもいいらしい

この中から私はまず、飲み込む毛を減らすべくブラッシングの方法を変えてみることと並行して、毛玉除去剤をあげてみようと考えました。

毛玉除去剤は、今お腹に溜まっている毛玉をできるだけ早く取り除くには効果的だろうと判断したためです。

スポンサーリンク

まず、毛玉除去剤を試してみることに

さて、私がまず最初に試してみた毛玉対策は、動物病院で処方されることもあるという「毛玉除去剤」です。

これは、猫の体内へ吸収されない油を含んだペースト状のもので、amazonなどの通販ショップでも手に入れることができます。

色々な商品がありますが、動物用医薬部外品のものも普通に市販されています。

スッキリンという毛玉除去ペーストを試してみた

私が最初に買ったのは、現代製薬の「スッキリン おなかの毛玉除去ペースト」という動物用医薬部外品の毛玉除去剤です。

sukirin-sm

原産国は日本で、原材料は 流動パラフィン、グリセリン、アラビアゴム末、麦芽エキス です。

色は茶色くて、黒糖の水あめみたいな感じです。

sukirin-nakami-sm

流動パラフィンとは
常温では無色の液体で非揮発性。水には不溶。化学的に安定な物質で、通常の条件では酸化を受けない。
最も身近な物がベビーオイルであろう。

パラフィン-wikipwdiaより引用

流動パラフィンは、猫の体内に吸収されない油、ということです。

アラビアゴム末はゴムの木の樹液で、粘り気を出すために入っているようです。食品添加物ですね。

麦芽エキスは麦芽を糖化して減圧濃縮したもので、甘い茶褐色のねばねばした液体です。これが入ってるのでスッキリンが茶色いんでしょうね。猫が舐めやすいように甘みを付けてあるのかな。

グリセリンは無色透明の甘い蜜のようなもので、食品添加物ですね。これも甘み付けかな?

流動パラフィンといえば便秘の時にウンチを出しやすくするためにも使われているとのことで、軟便になりやすいうちの猫は大丈夫かなと思いましたが、使ってみると軟便になることもなかったです。

毛玉がお腹の中に溜まっている時は、毛玉が出るまで毎日1日1gあげ、毛玉が出次第、週に1回~2回ほどを予防的に与えると書いてありました。

スッキリンを使ってみると、最初は喜んで舐めてくれて、しかも3日目にウンチに毛玉がドーンとでました!

こりゃいい!と思って使い続けていたのですが、猫が飽きてしまいまして、どうやっても舐めさせることができなくなってしまいました。

換毛期だけでもと思って、換毛期が来るたびに新しく買うのですが、数回舐めさせられればいい方ですね、最近では。

ただ、効果はあります。毛玉が翌日~3日後までにはドーンと出ますね。

スタミノール猫用 毛玉ケアを試してみた

スッキリンに飽きた後に買ってみたのが、「スタミノール猫用 毛玉ケア」という毛玉除去剤でした。

sutaminoru
※もう捨てちゃって写真撮れなかったので日記ブログの方の写真です

原産国は日本で、原材料は ショ糖、小麦胚芽油、大豆油、ツナオイル(DHA源)、大豆プロテイン、セルロース、タウリン、ビタミン類(E、A、B1、B2、パントテン酸、B6、D3)、ミネラル類(鉄、マンガン、亜鉛、カルシウム、カリウム)、L-カルニチン、保存料(デヒドロ酢酸ソーダ、パラオキシ安息香酸)  です。


小麦や大豆やツナの油が主に使われているので、食べ物から摂った油で毛玉をツルーンと滑らせてウンチに出すということだと思います。セルロース(食物繊維)も含まれているので、繊維で毛を絡めてウンチに出やすくする効果もあるようです。

猫に必須の栄養素タウリンも配合されているし、体にいいかなとこちらに変えてみました。

……が、残念ながら猫が嫌がって舐めません。

口元に塗りつければ舐めとるらしいので試しましたが、大騒ぎで顔をぶんぶん振って、スタミノールが壁に飛び散るわ猫は走って逃げるわで大変でした^^;

中身は黄色がかったビタミン飲料のような色で、ニオイもビタミン飲料っぽいです。けっこうなビタミン臭がしました。

うちの猫にはにおいが気に入らなかったのかも。レビューを見る限りでは、好きな子はホントに好きなようですね。

そんなこんなで、毛玉除去剤での毛玉の排出は、途中でうまくいかなくなってしまったのでした。

次回は、毛玉除去剤を上げるのと並行して行っていた毛玉対策のブラッシング編です。

つづきはこちら⇒ブラッシング編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする